smartgoods.meのもっとブログらしいブログ

【私事】IKEAのタオルハンガー事件で思ったこと

2018/04/26
 
IKEAタオルハンガー強調
この記事を書いている人 - WRITER -
IKEAタオルハンガー

IKEAはいいよね。うん、いいよねぇ・・

Instagram、Twitterで公開したんだけど、IKEAでタオルハンガーを買ったんですよ。

しかし、事件が起きていたのです。

こんなこと、初めて

先日、IKEA長久手でタオルハンガーを買ったんだ。
IKEAは格安といってもいいくらいの価格設定なので、当然組み立て式のものが多いんだ。

そんなタオルハンガーの部品としてボルトとナットが4セット入っていたんだけど、
ボルトは六角レンチで締めるタイプのもの。

それが、このような状態だ。

IKEAタオルハンガー

一見、まともに見えるが・・

強調してみよう。

IKEAタオルハンガー強調

六角穴のサイズが違うのだ・・!!

一本だけ六角のサイズが違う・・
私はその瞬間、愕然としかけた・・

IKEAの人、大丈夫だよ、気にしてないよ

ところで、皆さんはこういう時にどんな行動を取る?

  1. すぐに電話して交換の要請→持って来させる
  2. 部品に不具合があったとして返品
  3. 電話で問題を連絡する
  4. 正しい部品を送ってもらう
  5. 絶対にクレーム。上席に代わらせる→後日担当者が謝罪に登場する
  6. 別に問題ない。そのまま締められるだけ締めてそのまま使う

そう、この中に正解などありはしない・・!
私の選択は「別に問題ない。そのまま締められるだけ締めてそのまま使う」だ!

別に一つが緩んだところで、所詮はタオルハンガー、生死に関わるトラブルに繋がる可能性は皆無だろう。
それに、見た目が個性的でいいじゃない。
何かの時に話のネタにもなっていいし。

小さなミスが大きなミスに繋がるからって意味では、連絡はした方が良いかも知れないね。
でも、そんなことは余計なお世話ってものさ。

私がこの事件をとおして伝えたいと思ったこと

時々、「私は被害受けたのだから、クレームをつけるという行為は正しい→だから○○と言ってやった」なんてことを聞くことがある。
でもね、クレームを言い過ぎてる人を見るのは、本当に気分が悪い。

この世界は人と人との世界。
被害ってなんなんだよ、それでどんだけの損害を被ってんだよ。

もちろん内容次第ではあるけども。

私の今回の事件は、人によっては大クレームに発展させたりするのかなぁ、なんて思った。

この程度の間違い、誰にだってあるさ。
私自身、うっかりミスなんてよくある。

逆に、間違えないよう神経質になりすぎる方が、よほど不健康だと思うんだ。

日本人は幼少期より時間厳守、右へならえ的な環境で育つ。
でも強迫観念に苛まれていたら何も楽しくないよね。

だからハミ出すことが、「悪」だと思い込んでしまうこともあるかも知れない。
でも自分の考えが人より違うことがあったとしてもそれは「悪」ではない。ただの一個性、一意見。
十人十色なんて言葉もあるしね。

みんなと違うことをしている人を「悪」だと思ってしまうかも知れない。
そんなことは一切無い。
まぁ、他人が嫌がること、迷惑をかけることは、明らかな「悪」かも知れないけどね。

ただし、締めるところは締める!
手を抜くところは抜く。
それでいいさ。

ちなみに世渡り上手な人は大体、手抜きが上手い。そして要領がいい。
漁夫の利を得てる者も数多いことでしょう。
腹が立つほどにね・・ッ!

なんだか、稲中卓球部の「さぁ抜くがよい」ってシーンを思い出したよ!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© IN ONE DAY , 2018 All Rights Reserved.