smartgoods.meのもっとブログらしいブログ

その便利さはもはや狂気。Google Play ミュージックが私の悩みを全てを解決した

2018/05/17
 
Google Playミュージック
この記事を書いている人 - WRITER -
Google Playミュージック

佇むリンホラさん

誰しも好きなアーティストだったり、お気に入りのCDがあるよね?

私もある!
PCにCDを取り込んで、それをスマートフォンに入れて聴いてる。
だが、本体メモリもSDカードにも限度があるし、スマートフォンに入れるのがそもそもめんどくさい。
音楽はストリーミングで知らん曲含め垂れ流さず、ちゃんと好きな音楽を聴きたい・・!

そんな私の悩みをGoogle Play ミュージックが一気に解決してくれたんだ。
その便利さは、もはや凶悪と言っても良いだろう。

Google Play ミュージックは最高の音楽プレーヤーのひとつ

最近では「Google Play ミュージック」はAndroidスマートフォンに標準でインストールされているよね。
「Google Play ミュージック」と言えば音楽聴き放題サービスだと思う人が多いと思う。

でも実は、スマートフォンに取り込んだ音楽を再生する、単なる音楽プレーヤーとしても使えるアプリなんだ。
確かに音楽聴き放題サービスはどこでも聴けて、自分が持っていない、買っていない音楽をも聴けるという点ですごくお得だし便利だよね。

でもさ、好きな曲だけ聴きたいんだよ、私は。
買ってPCに取り込んだ曲だけを聴きたいんだよォ!
知らない曲から好みのものを発掘するような元気は毛頭無いんだよ・・

Google Play ミュージックの便利さを紹介しよう

ではこれの、何が便利なのかを紹介したい!!

音楽アップロードができる

実はGoogle Play ミュージックには自分の持っている音楽をアップロードする機能があるんだ。
アップロードできる曲数はなんと5万曲!!!
私はGalaxyか何かの特典で10万曲だった。

10万曲分のスペースがあれば我が家の全てのCDが入るぞ!
しかも「アップロード」という響き、とても素晴らしいと思わないか・・?

アップロードできる、そしてクラウドプレーヤーとなる。
「アップロードできる」ということは、もちろん「ダウンロード」もできる。
どこでダウンロードできる・・全てのAndroid。
・・いや、iPhoneでもOKだったわ。

便利すぎてハイになった気分さ。
まったくよォ!!

「インスタントミックス」は超絶気が利いてる

この機能を言葉で表すならば、こうだ。
「何一つ文句を言わずに持っている曲の中から好みを完璧に捉えたミックスリストを作ってくれるヤツ」

まるで自分の分身・・コピーロボットが昼夜問わずにひたすら曲のセレクトをしてくれているようなものだ。
コピーロボットだから当然、自分の好みも熟知している・・
そんなヤツがいるから、私も頑張れる。Googleの担当した方に缶コーヒーを贈りたい気分。

例えば仕事帰りに、コッテリとしつこくない曲を聴きながら帰りたいなぁてことあるよね?
こんな時に最高のプレイリストを浴びせてくれる。

逆のパターンもある。
気持ちを臨戦態勢にアゲたい時なんかは、Limp BizkitのBreak Stuffを流し、インスタントミックス開始だ。

サムネイルの画像のような表情になれることうけあいだ。確実に強くなれる。

Google Homeとの相性もばっちりすぎて吐きそう

私、Google Home Miniを持ってます。

なぜここで「持ってます」なんて遠回しな言い方をしたかと言うと、「使ってない」からなんだ。
いや、正確には「活用できていなかった」というのが正しいかも知れない。

何を隠そうGoogle Home Miniではラーメンタイマーの設定と、天気を聴くくらいしか使っていなかったんだ・・ッ!!!
音楽はAWAとかSpotifyとか有料版のGoogle play ミュージックしか対応していないと思い込んでいたから・・。

断言しよう。Google Homeを使うなら絶対にGoogle play ミュージックを使った方が良い。
個人的な好みでしかないが、Spotifyは無料アカウントだと知らん曲が流れすぎて、BGMとしての機能を果たさない。
それならば持っている曲をがっちり流したい。

しかし、Google Play ミュージックにアップロード機能があることで、Google Home Miniを大活用できるようになった。
何せ、自分の持っていた曲を全て「声で操作して流せる」・・本当に未来を感じたよ。

近日中にGoogle Home Miniをからの音声操作でBluetoothスピーカーから再生するようにしたいなぁ。

どこかのタイミングで使い方とか、もっと詳しく紹介しよう。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© IN ONE DAY , 2018 All Rights Reserved.